脱毛をはじめる最適な時期

脱毛をはじめる最適な時期は個人差がありますが、一般的には肌を露出する機会が多く
なる夏や挙式前、出産前に脱毛の需要がグンと上がるようです。ただし、脱毛サロンでの
脱毛施術には時間がかかります。
脱毛する部位にもよりますが、永久脱毛なら脇脱毛だけでも半年近くは覚悟しなければな
りません。カミソリや毛抜き、ワックス脱毛とは異なり脱毛サロンの脱毛は毛周期に合わ
せて少しずつ施術する必要があるからです。
ですから夏までに脱毛プログラムを終了したいなら、その前の秋から冬ぐらいからサロン
に通い始めるのがベストです。⇒http://脱毛・静岡.net/

結婚式直前でそんな余裕がない場合、シェービングなど直
前でもムダ毛をキレイに処理できる脱毛方法を選ばなくてはなりません。
また、出産に備えて脱毛する予定の方は妊娠前に脱毛を終えなければなりません。マッサ
ージなども基本的に妊婦さんは断られてしまいますが、脱毛サロンも万が一の事態に備え
妊娠中は施術できないサロンが大半です。
更に、紫外線の悪影響を避ける為にも夏場は脱毛をはじめる時期として最適とは言えませ
ん。

背中の脱毛、どうしてる?

 

背中に生える無駄毛は、多くの場合が産毛です。また、他の部位に比べて面積が広いので、1度に脱毛できる手法が向いています。針脱毛などはあまり現実的ではありませんね。時間がかかりますから。できなくはないでしょうが、少し面倒かもしれません。

一時的で良いのならお勧めはワックス脱毛もしくは先のうなじで挙げた、スレッデイング、糸脱毛です。ご自宅なら専用ワックスや脱毛クリームなどをご利用になるとよいでしょう。勿論、レーザー脱毛や光脱毛も出力調整ができれば可能です。えっ、私ですか。私は肌を出しません。処理が体質的にできないので出さないようにしています。たまにピーリング効果のあるスポンジ等でとっていますが、除毛で脱毛ではないですね。出すなら処理を、処理をしないなら出さないというのがエチケットです。

肌に炭酸水

 

今何かと炭酸水が話題になっています。炭酸水というと、飲料水、炭酸飲料等のように飲み物というイメージが強いのですが、その他にも温泉でも炭酸泉なども増えている等、いろいろな活用法が言われています。実はこの炭酸水は、疲労回復の他にも肌にとっても非常にいい効果をもたらしてくれます。肌に炭酸水をつけると、血行を促進させ、肌の引き締め効果もあるのです。そして脱毛した後にも効果があるとされ、脱毛サロンによっては施術後に毛穴・肌の引き締めのために炭酸ミストをかけるというところもあるほどです。また、炭酸水には抗菌効果もあるため、脱毛後の敏感な肌を雑菌などから守ってくれるのです。ただ、飲料として販売されている炭酸水と肌につけるものは若干違うので、飲料を付けてもそれほど効果は発揮されないかもしれません。

非熱式脱毛とは

 

脱毛サロンで主流になっているのは光脱毛です。ほとんど痛みもなく短時間で脱毛できるというメリットあるのですが、その一方でやけどのリスクは少なからずあります。そのため施術後にはしっかり冷却処理を行わなければいけません。

ですが、脱毛サロンによっては熱を加えることなく脱毛できる非熱式脱毛があります。これは大豆イソフラボンの抑毛効果を利用した脱毛法で、大豆イソフラボンの入ったローションを塗ってオゾンなどの特殊な光をあてて、その成分を浸透させるという方法になります。オゾンを当てるだけですからまったく痛みもなく、熱を加えないので冷却することもやけどのリスクもありません。また、光脱毛ではできない日焼けした肌やシミやほくろの部位にも脱毛できるのがメリットです。ただ、脱毛効果は弱く、効果が感じられなかったという方もいます。

肌ケアには短時間のお風呂

 

毎日お風呂に入ることと思いますが、どれくらいの時間を入浴していますか?女性は長時間お風呂に入る方もいるかと思います。そうかと思えば、熱いお風呂に長時間入った方がすっきりするという方もいます。ですが、肌ケアのためを考えれば、お風呂はぬるめで短時間で済ませるのがベストです。肌にはバリア機能があるものですが、長時間もしくは熱いお風呂に入ってしまうと、肌のバリア機能が失われてしまうのです。それにより肌トラブルの原因となってしまうのです。ぬるめのお風呂に短時間だと、体が温まらないという方がいらっしゃいますがそれは代謝機能が衰えているからで正常なら3841℃程度のぬるめのお風呂でも十分に温まれるのです。また短時間のお風呂でもバリア機能は低下しますから、上がった後は保湿をしっかり行いましょう。

海鮮系は肌によくない?

 

海鮮系は肌によくない、という噂があります。これはあながちウソではありません。海鮮類は毒素が強いというのは誰しも知っていることではないでしょうか。生で食べる際には新鮮なものでなければ食中毒を起こしてしまうこともあります。お寿司を食べる時、ガリやワサビ、緑茶等を一緒に摂取するのは、こういった海鮮類の毒素から胃腸を守るためであると言われています。皮膚は内臓の鏡、といわれるように、胃腸と肌は密接な関係があります。胃腸に負担がかかればそれだけ肌にも良くないということなのです。だからといって、海鮮類を食べない方がいいという訳ではありません。海鮮類にもミネラル等の栄養が豊富に含まれています。そのため、胃腸に負担にならない程度に食べるのが理想です。